So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

コハクチョウ (野鳥) [コハクチョウ]

(小白鳥、Cygnus columbianus)カモ目カモ科ハクチョウ属 全長115-150cm。翼開張180-225cm
オオハクチョウは大きさの差はあまりないが嘴の黒いところが違う。

9V2A4019.JPG
幼鳥は全身の羽衣が淡灰褐色
9V2A4045.JPG

撮影日:2017年1月15日 撮影場所:長野県 諏訪湖

家族の飛翔
2M1A2312.JPG

撮影日:2017年12月22日 撮影場所:石川県
EOS 7D markⅡ+EF100-400mmf4.0-5.6 IS L2 USM
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ホオジロガモ (野鳥)2 [ホオジロガモ]

ホオジロガモ (野鳥) [ホオジロガモ] [編集]
(頬白鴨、学名:Bucephala clangula)カモ目カモ科 全長♂46cm。雌雄とも他のカモ類と比べて、体の割りに頭部が大きく見える。日本では冬鳥で北日本に多い。
光が悪く距離があったのでいまいちだが、成鳥♂がようやく撮れた。
♀もいる。
2M1A8446 (2).JPG
2M1A8497 (2).JPG

撮影日:2017年12月17日 撮影場所:長野県 諏訪湖
EOS 7D markⅡ+EF100-400mm f4.0-5.6 IS L2 USM
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ミツユビカモメ (野鳥) [ミツユビカモメ]

(三趾鷗、Rissa tridactyla)チドリ目カモメ科ミツユビカモメ属 全長39cm。
第1趾が痕跡的で趾が3本しかないように見える。足が黒い。
(2)第1趾は後ろ側のため飛んでいてもわからない。
2M1A9759 (2).JPG
2M1A9767.JPG
ミツユビカモメ.JPG
海の上を低く飛んで採餌中。何を食べていたかは??
2M1A9516.JPG
ミツユビカモメ2.JPG
2M1A9526 (2).JPG

撮影日:2018年1月6日 撮影場所:千葉県銚子市
EOS 7D markⅡ+EF100-400mmf4.0-5.6 IS L2 USM

(1)嵐の翌日、漁港の駐車場で蹲っていた。
DSC_4773.JPG
爆弾低気圧通過の翌日。漁港の駐車場に蹲っていた。一度立ち上がった瞬間、足が見えた。
黒いのはわかったが指まではわからなかった。

撮影日:2016年3月15日 撮影場所:千葉県銚子市
NIKON 1 V3 + 1 NIKKOR 70-300mm

ケアシノスリ (野鳥) [ケアシノスリ]

(毛足鵟、学名:Buteo lagopus)鳥綱タカ目タカ科ノスリ属 体長♂約56cm、♀約59cm
ノスリよりやや大型で、オオノスリより小型。全体白っぽい。
遠くから後ろ向きにとまっているのが見えた。若い個体。
ケアシノスリ.JPG
正面も
ケアシノスリ3.JPG
カラスに後ろからアタックされて飛び出す。
ケアシノスリ2.JPG
脚が足指の付け根まで羽毛に覆われていることから「毛脚ノスリ」と呼ばれる。
モモヒキをはいているよう。
ケアシノスリ4.JPG
飛翔
ケアシノスリ1.JPG
山バックの後姿。
2M1A0919.JPG

☆参考:ノスリ

撮影日:2017年12月22日 撮影場所:石川県 河北潟
EOS 7D markⅡ+EF400mmDOⅡ+EXTENDER×1.4Ⅲ
nice!(4)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

マガン (野鳥) [マガン]

(真雁、Anser albifrons)カモ目カモ科マガン属 全長65-86cm
嘴はピンクや橙色。後肢は橙色、腹部には不明瞭な黒い横縞が入る。
2M1A2780 (4).JPG
お腹の模様が特徴的だ。
マガン.JPG
ヒシクイはお腹の模様がない。

撮影日:2017年10月22日 撮影場所:北海道 十勝平野
EOS 7d markⅡ+EF100-400mm IS L2 USM

タグ:マガン
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

シジュウカラガン (野鳥) [シジュウカラガン]

(四十雀雁、Branta hutchinsii )カモ目カモ科コクガン属 体長約67cm。
近年の国際的な保護の実施により、個体数が増加し、日本にも1000羽単位での飛来が復活した。2014年12月下旬から日本への飛来が1000羽を超えた。絶滅危惧種の人為的回復の事例のひとつとされる。(wikipedia)
名前の由来は頭の模様がシジュウカラに似ているかららしい。
50羽ほどの群れがいた。
2M1A2924 (3).JPG
一斉に飛び出して飛んで行った。
2M1A2689-2.JPG
2M1A2735 (3).JPG
2M1A2756 (2).JPG

撮影日:2017年10月22日 撮影場所:北海道
EOS 7D markⅡ+EF100-400mmf4.0-5.6 IS L2 USM
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ミコアイサ (野鳥) [ミコアイサ]

(巫女秋沙、Mergus albellus)カモ目カモ科 全長38-44cm
アイサ類の中で最小。以前は皇居などにも来ていたようだが最近はなかなか見られない。

(2)♂ 通称パンダガモ
9V2A4225.JPG
水に潜って出てきたら頭が。。
9V2A4243.JPG
正面から見るとカーリングのストーンのよう。
9V2A4251.JPG
ツーショット
9V2A4170.JPG

9V2A4376.JPG

撮影日:2017年2月19日 撮影場所:埼玉県
EOS 7d markⅡ+EF100-400mmf4.0-5.6 IS L2 USM

(1)♀
DSC_3931.JPG
♂はパンダガモで有名な白黒模様。ずっと前に撮った証拠写真しかないので来年以降の楽しみに。。

撮影日:2016年3月12日 撮影場所:東京都板橋区
NIKON1 V3 + 1 NIKKOR 70-300mm 
タグ:ミコアイサ

オオヒシクイ (野鳥 [オオヒシクイ]

(菱喰、Anser fabalis)カモ目カモ科マガン属 全長90-100cm。体型や頸部が長い。
和名はヒシの果実を食べることが由来する。
ヒシクイの群れ、ということで見ていたがほとんどが亜種オオヒシクイということだった。ヒシクイは78-89cmでやや小ぶり、嘴~頭の形が違うとのこと。
ヒシクイ2.JPG
ヒシクイ.JPG
2M1A2806 (3)-2.JPG

撮影日:2017年12月21日 撮影場所:北海道 十勝平野
EOS 7d markⅡ + EF100-400mm IS L2 USM

☆石川県 加賀鴨池のオオヒシクイの親子(木彫り)。ヒナがかわいい。 
IMG_20171228_182428.JPG

ヒシクイ2.JPG
ヒシクイ.JPG

100羽ほどの群れが一斉に飛んだ。
撮影日:2017年12月6日 撮影場所:茨城県稲敷市
EOS 7d markⅡ + EF100-400mm IS L2 USM
nice!(5)  コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ハイタカ (野鳥) [ハイタカ]

(鷂、Accipiter nisus)タカ目タカ科 全長 ♂約32cm、♀約39cm。

今年はハイタカをよく見かける。
ハイタカ.JPG
ハイタカ3.JPG

撮影日:2017年12月3日 

若鳥のようである。
2M1A1516 (4).JPG
カラスに絡まれて逆襲していた。
2M1A1610 (3)-2.JPG

撮影日:2017年11月26日 撮影場所:平塚市
EOS 7d MarkⅡ+EF100-400mm f4.0-5.6 IS L2 USM
nice!(5)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

トモエガモ 2 (野鳥) [トモエガモ]

(巴鴨、Anas formosa)カモ目カモ科 全長37-43cm
♂1羽が飛来、滞在していた。若い個体のようでまだ完全な色ではないらしい。
2M1A2135 (2).JPG
2M1A2116-2.JPG
2M1A2138 (2).JPG
飛翔も見られた。
2M1A1971 (3).JPG
2M1A1974 (3).JPG
2M1A2091 (3).JPG
その後加賀の鴨池に行ったら100羽ほどの群れが見られたが、あまりにも遠く、
しかもガラス越しで写真が撮れなかった。遠くの100羽より近くの1羽が嬉しい。

撮影日:2017年11月26日 撮影場所:厚木市
EOS 7d markⅡ+EF100-400mm f4.0-5.6 IS L2 USM
タグ:トモエガモ
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -