So-net無料ブログ作成
トウネン ブログトップ

ヨーロッパトウネン (野鳥) [トウネン]

(Calidris minuta)チドリ目シギ科  トウネンの近縁種。ニシトウネンとも。通称ヨロトウ?
日本では数少ない旅鳥または冬鳥。渡り期はトウネン群中に混じることが多い。
9V2A2751.JPG
トウネン4羽の群れの中でこれだけが白っぽく、ヨーロッパトウネンであるということだった。
混じってはいるが、何気に単独行動というか微妙に仲間はずれっぽい感じだった。
9V2A2867.JPG

*その場の人々の間ではヨーロッパトウネンだったが、違っていたらご教示ください。

<識別ポイント>
?トウネンと比較して、基本的には足がやや細長く腰高で、胴の後半分が短い体型のプロポーションを持つ。そのため全体的にトウネンよりも寸胴で華奢な身体の印象を受ける。足は特に関節より上の脛(tibia)の黒い裸出部がより細長い。
○嘴は全体的にやや細く先端が尖るためトウネンより若干長めに見える場合が多い。 
△足は黒く、蹼は無い。
×静止時に三列風切先端からの初列風切の突出は大きい。特にフレッシュな幼羽では初列風切先端が尾羽先端より突出する傾向が強い。ただし成鳥では個体差が大きく、初列風切があまり突出しない個体も見られる。

撮影日:9月14日 撮影場所:千葉県船橋市

トウネン (野鳥) [トウネン]

(当年、学名: Calidris ruficollis)チドリ目シギ科 全長14~15 cm
シギ科の鳥の中では小型の一種で、くちばしと足も短い。
和名も「今年生まれたもの」という意味で、今年生まれた赤子のごとくからだが小さいことに由来している (wikipedia)
9V2A3275.JPG
9V2A2749-2.JPG
9V2A3245-2.JPG
雀と同じぐらいだそうだが、形状のせいか雀よりは大きく見える。

撮影日:2015年9月14日 撮影場所:東京都船橋市
EOS 7D markⅡ + EF100-400mm f4.5-5.6 IS L2 USM
タグ:トウネン
トウネン ブログトップ