So-net無料ブログ作成
検索選択

コイカル (野鳥) [コイカル]

(小斑鳩、小鵤、学名:Eophona migratoria)スズメ目アトリ科 全長は約19cm。

9V2A7868-2.JPG
9V2A7622.JPG
9V2A7886-2.JPG
9V2A7806.JPG
よくイカルの群れに混じっているが、これは単独で。

イカルより一回り小さい。顔の全面が黒い。

撮影日:2017年3月5日 撮影場所:埼玉
タグ:コイカル

ミサゴ (野鳥) [ミサゴ]

(鶚、雎鳩、雎、鵃。学名: Pandion) タカ目ミサゴ科 全長54–64cm。翼開張150–180cm。

九州では毎日ミサゴが見れた。
ここでは10羽くらいのミサゴが河口で狩りをしていた。
9V2A0976.JPG
9V2A0977.JPG
9V2A2329 (2).jpg
ミサゴ.JPG

狩りの様子。飛物は近かったが狩場はかなり遠かったのが残念。
9V2A2027.JPG
9V2A1973.JPG

撮影日:2017年2月13日 撮影場所:佐賀県
EOS 7D markⅡ+EF100400mmf4.0-5.6 IS L2 USM

misago2.jpg

撮影日:2013年12月10日 撮影地:神奈川県高座郡寒川町
α77 MINOLTA AF APO TELE 100-400
タグ:ミサゴ

アカハジロ (野鳥) [アカハジロ]

(赤羽白、Aythya baeri)カモ目カモ科ハジロ属 全長41-46cm
日本ではまれな冬鳥として飛来する。

9V2A3795.JPG
ホシハジロの群れに混じっていた。
9V2A3796.JPG

撮影日:2017年2月16日 撮影場所:東京都板橋区
EOS 7D markⅡ+EF100-400mm IS L2 USM

タグ:アカハジロ

オガワコマドリ (野鳥) [オガワコマドリ]

(小川駒鳥、学名:Luscinia svecica)スズメ目ツグミ科 全長約15cm。

9V2A3382.JPG
オガワコマドリ2.JPG
オガワコマドリ3.JPG
オガワコマドリ4.JPG
9V2A3481.JPG

11月~5月まで長期滞在している個体。美しい♂だが出る場所がいまいち。。

撮影日:2017年4月22日
EOS 7D markⅡ+EF100-400mm f4.0-5.6 IS L2 USM

ホシムクドリ (野鳥) [ホシムクドリ]

(星椋鳥、学名:Sturnus vulgaris )スズメ目ムクドリ科 全長21cm ムクドリよりやや小さい。

9V2A7877.JPG
9V2A7881.JPG
9V2A7925 (3).jpg
9V2A7965.JPG

天気が良かったが距離があった。近くでじっくり見たいものである。

撮影日:2017年2月11日 撮影場所:鹿児島県出水市

カナダヅル (野鳥) [カナダヅル]

(加奈陀鶴、学名:Grus canadensis)ツル目ツル科  全長98 cm, 翼長 1.6 m
日本に飛来するツル類の中でも小型の部類に入る。
9V2A9087-2.JPG
頭の模様が正面を向くとハートに見える。気が強く他の鶴を追い払うことも。
9V2A9099.JPG
クロヅルとツーショット
カナダヅルとクロヅル.JPG
1万羽の中に7羽しかいないとのことだったがいい場所に出てきてくれた。

撮影日:2017年2月11日 撮影場所:鹿児島県 出水
タグ:カナダヅル

ズグロカモメ (野鳥) [ズグロカモメ]

(頭黒鴎、Larus saundersi)チドリ目カモメ科 全長29~32cm
絶滅危惧II類(VU)(環境省レッドリスト) 世界的にも希少種と言われている。
9V2A0957.JPG
夏羽は頭が黒い。こちらは換羽中。
ズグロカモメ3.JPG
ユリカモメに似ているが足が黒っぽく嘴が短め。
ズグロカモメ.JPG
ズグロカモメ2.JPG
かなり黒くなっている個体もいた。
ズグロカモメ(換羽中).JPG

撮影日:2017年2月13日 撮影場所:佐賀県 よか干潟
EOS 7D markⅡ+EF100-400mm f4.0-5.6 IS L2 USM

クロヅル (野鳥) [クロヅル]

(黒鶴 Grus grus) ツル目ツル科 全長110-125cm、翼開長180-200cm
ナベヅルより少し大きい。日本には、毎冬少数が鹿児島県の出水ツル渡来地に渡来する。
この年は4羽とのことだった。
クロヅル.JPG
ツーショット
9V2A9357.JPG

ナベヅルと。 喉が黒いのが特徴。
ナベヅルとクロヅル.JPG

撮影日:2017年2月11日 撮影場所:鹿児島県出水市
EOS 7D markⅡ+EF100-400mm f4.0-5.6 IS L2 USM

タグ:クロヅル

ナベヅル (野鳥) [ナベヅル]

(鍋鶴 Grus monacha)ツル目ツル科 全長約96.5cmの小型のツル。
世界の生息数はおよそ1万羽と推定されており、全体の90%近くが鹿児島県出水市で冬を越す。(wikipedia)
幼鳥
ナベヅル.JPG
成鳥 
ナベヅル (2).JPG
9V2A7654-2.JPG
家族だろうか。幼鳥もいる。
9V2A8065.JPG

朝観察センターにやって来る鶴たち。ほとんどがナベヅル。
1万羽はすごい数だが、人間に比べるとなんと少ないことか。
出水の鶴たち.JPG

撮影日:2017年2月11日 撮影場所:鹿児島県出水市
EOS 7d MarkⅡ+EF100-400mm f4.0-5.6 IS L2 USM

タグ:ナベヅル

オオマシコ (野鳥) [オオマシコ]

(大猿子、学名:Carpodacus roseus)スズメ目アトリ科 体長約17cm
♀ 細かい雪が降っていた。気温は-5℃ぐらいだったか。
9V2A2333.JPG

9V2A3793 (2).jpg
9V2A2880.JPG
下は若♂だろうか?
9V2A3394-2.JPG
イタドリの実を食べていた。
9V2A3641.JPG
9V2A3750.JPG
9V2A3979.JPG

撮影日:2017年1月15日 
EOS 7DmarkⅡ+EF400mm F4.0 DO L2 USM + EXTENDER×1.4

タグ:オオマシコ