So-net無料ブログ作成

シマキンパラ [シマキンパラ]

(縞金腹、学名:Lonchura punctulata)スズメ目カエデチョウ科 全長約11cm。
アミハラとも呼ばれる。外来種とのこと。
5,6羽ほどの群れが地面に降りていた。
2M1A8106-2.JPG
成鳥。
2M1A8068.JPG
幼鳥。
シマキンパラ幼鳥.JPG

撮影日:2017年6月11日 撮影場所:沖縄県豊見城市
EOS 7D markⅡ+EF100-400mm IS L2 USM

nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

リュウキュウツバメ (野鳥) [リュウキュウツバメ]

(琉球燕、Hirundo tahitica)スズメ目ツバメ科 全長13-14cm。
日本では奄美大島以南に周年生息(留鳥)する。
成鳥。 本州で見るツバメと色が違う。
リュウキュウツバメ.JPG
幼鳥
リュウキュウツバメ幼鳥.JPG
巣立ち直後だったか、親が見守っていた。
2M1A7867.JPG

撮影日:2017年6月10日 撮影場所:沖縄県
EOS 7D markⅡ+EF100-400mm f4.0-5.6 IS L2 USM
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

サシバ 2 (野鳥) [サシバ]

(差羽、鸇、Butastur indicus)タカ目タカ科 ♂47cm、♀51cm
夏、幼鳥が巣立つ頃、繁殖地にて
2M1A8499-2.JPG
大きな声でよく鳴く。「ピックイー」という声、聞きなしは「Kiss me」とも。
2M1A8551-3.JPG
幼鳥への給餌にヘビを持って飛ぶ。
2M1A8421 (3).jpg
これはなんと、モグラ
2M1A8253 (3).jpg
虫を獲るときは葉っぱごと
2M1A8315-2.JPG
電柱どまり
2M1A8192 (2).JPG
飛び出しも撮れた。
2M1A8225-2.JPG
s1.JPG
幼鳥は前日は出ていたそうだがこの日は見れなかった。残念である。

撮影日:2017年7月15日
EOS 7D markⅡ+EF100-400mm f4.0~5.6 IS L2 USM
タグ:サシバ
nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

リュウキュウヨシゴイ (野鳥) [リュウキュウヨシゴイ]

(琉球葦五位、学名:Ixobrychus cinnamomeus)コウノトリ目サギ科ヨシゴイ属 全長38-40cm。ヨシゴイの亜種ではなく別種。
日本では奄美群島以南の南西諸島に周年生息する(留鳥)
オスは背面が赤褐色、腹面は淡褐色の羽毛で覆われる。下顎の羽毛は白く、下顎から胸部にかけて明瞭な褐色の縦縞が1本入る。

・・ということで♂。ヨシゴイより色が鮮やかだった。
リュウキュウヨシゴイ.JPG
葦の葉の間で一生懸命擬態する様子。
2M1A7642 (2).JPG
飛び去る後ろ姿。かなり赤い。
2M1A7648.JPG

出会えたのは奇跡に近かったが、
メスは背面が褐色、腹面が白い羽毛で覆われる。背面には白い斑点が入る個体もいる。下顎から胸部にかけて褐色の縦縞が複数入る。(wikipedia) だそうで、♀もいつか見てみたいものだ。

撮影日:2017年6月11日 撮影場所:沖縄県
EOS 7D markⅡ+EF100-400mm f4.0-5.6 IS L2 USM
nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ミフウズラ (野鳥) [ミフウズラ]

(三斑鶉、学名:Turnix suscitator)チドリ目ミフウズラ科 全長約14cm。
♀ 胸の黒い斑点がくっきりしている。
2M1A8926 (3).JPG
♂ タマシギのように♂が子育てをし、♂の方が地味である。
2M1A8878-3.JPG
ツーショット
2M1A8917 (2).JPG
まさか見れるとは思っていなかったが、とにかく足が速くあっという間に走り去るので撮影が大変だった。

撮影日:2017年6月11日 撮影場所:沖縄県
EOS 7DmarkⅡ+EF100-400mm f4.0-5.6 IS L2 USM
タグ:ミフウズラ
nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ノグチゲラ (野鳥) [ノグチゲラ]

(野口啄木鳥、Sapheopipo noguchii)キツツキ科ノグチゲラ属 全長31cm
絶滅危惧IA類 (CR) 特別天然記念物、国内希少野生動植物種に指定されている。沖縄県の県鳥。

♂ ディゴの木にて、花が咲いていた。
ノグチゲラ.JPG
2M1A4894-2.JPG

♀  ♂の後にやってきた
2M1A4906 (2).JPG
翌日再び♂
2M1A6911.JPG
大変貴重な種である上に、大きくて美しい鳥だった。

撮影日:2017年6月9日、10日 撮影場所:沖縄県
EOS 7D markⅡ+EF100-400mmf4.0-5.6 IS L2 USM
タグ:ノグチゲラ
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ヤンバルクイナ (野鳥) [ヤンバルクイナ]

(山原水鶏、Gallirallus okinawae)ツル目クイナ科ヤンバルクイナ属 全長35cm
日本固有種。絶滅危惧IA類 (CR)(環境省レッドリスト)1981に新種として発表され話題になった。
国指定の天然記念物および国内希少野生動植物種に指定されている。
ほとんど飛べない。

朝道路を歩いている成鳥♂
ヤンバルクイナ.JPG
民家近くで見た若鳥
2M1A5209-2.JPG
夜は木の上で眠る。
2M1A5470-2.JPG
カラスにさらわれた雛。カラスがおいて逃げたが無傷だったのでそのまま森に返された。
大きな声で鳴いて、素早い足取りで森に消えていった。
2M1A6954 (3).JPG

撮影日:2017年6月9日、10日 撮影場所:沖縄県
EOS 7D markⅡ+EF100-400mmf4.0-5.6 IS L2 USM


nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ノジコ (野鳥) [ノジコ]

(野路子、野地子 Emberiza sulphurata)スズメ目ホオジロ科ホオジロ属 全長13.5-15cm
夏季に本州北部で繁殖(夏鳥)。日本だけで繁殖する。
アオジと大変良く似ているが、茶斑が背中だけで胸にはない。眼の上下に白い輪模様(アイリング)がある。

9V2A9455 (3).JPG
9V2A9446 (4).JPG
9V2A9109 (2).JPG
9V2A9470 (3).JPG
もう1羽、たぶん♀がいたが一瞬でうまく撮れなかった。

撮影日:2017年5月2日 撮影場所:長野県 軽井沢
EOS 7d markⅡ+EF100-400mm f4.0-5.6 IS L2 USm

タグ:ノジコ
nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ワカケホンセイインコ [ワカケホンセイインコ]

(輪掛本青鸚哥、学名:Psittacula krameri manillensis)オウム目インコ科 体長40cm
インド、スリランカに分布。日本を含め世界各地でペットとして飼われていたものが野生化している。
成鳥。桜の蜜が大好き。
9V2A6008.JPG

9V2A5962.JPG


9V2A6085.JPG

こちらは嘴の色がグレーっぽいので幼鳥のようだ。
9V2A6107.JPG
こういう鳥がふつうに公園にいるのもなんか不思議な感じだ。

撮影日:2017年2月5日 撮影場所:東京都目黒区
EOS 7D markⅡ+EF100-400mm f4.0-5.0 IS L2 USM
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

カンムリワシ (野鳥) [カンムリワシ]

(冠鷲、Spilornis cheela)タカ目タカ科カンムリワシ属 全長55cm。
カンムリワシ.JPG
天気が悪くほとんど見られなかったが1度だけ撮影できた。
この木はギランイヌビワと言って、サクランボみたいな実がが成り、ヤエヤマオオコウモリの好物だそうである。西表カイネコさんに教えていただきました。

撮影日:2017年3月25日 撮影場所:石垣島
EOS 7D markⅡ+EF100-400 f4.0-5.6 IS L2 USM