So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

カラスバト (野鳥) [カラスバト]

(烏鳩、Columba janthina)ハト目ハト科カワラバト属 全長40cm。
準絶滅危惧(NT)(環境省レッドリスト)
普通のハトよりかなり大きい。
カラスバト2.JPG
カラスバト.JPG
027A2187 (3).JPG

撮影日:2019年6月1日 撮影場所:三宅島
タグ:カラスバト
nice!(3)  コメント(2) 

イイジマムシクイ (野鳥) [イイジマムシクイ]

(飯島虫喰、Phylloscopus ijimae)スズメ目ムシクイ科 11.5cm
1975年に国の天然記念物に指定されている。絶滅危惧II類 (VU)(環境省レッドリスト)
日本では繁殖のため夏季に伊豆大島から青ヶ島までの伊豆諸島・トカラ列島の中之島に飛来(夏鳥)する。
イイジマムシクイ.JPG
三宅島では一番多く声も聞こえたが、ムシクイらしくなかなか姿が見えにくかった。
鳴声はジリジリジリという感じでメボソムシクイに近いかも。
027A2735 (3)-2.JPG

撮影日:2019年6月1日 撮影場所:三宅島
EOS 7d mark2+EF100-400mm f4.0-5.6 IS L2 USM
nice!(3)  コメント(2) 

ウチヤマセンニュウ (野鳥) [ウチヤマセンニュウ]

(Locustella pleskei)センニュウ科 全長17cm。
夏季は日本や朝鮮半島周辺の島嶼等で繁殖し、冬季は中華人民共和国南部等で越冬する。日本では夏季に繁殖のため和歌山県、九州周辺の島嶼や伊豆諸島に飛来する(夏鳥)。
ウチヤマセンニュウ.JPG
027A2380.JPG
027A2392.JPG

撮影日:2019年6月1日 撮影場所:三宅島
EOS 7d mark2+EF100-400mmF4.0-5.6 IS L2 USM
nice!(3)  コメント(2) 

タネコマドリ (野鳥) [コマドリ]

(Luscinia akahige tanensis)スズメ目ヒタキ科 13.5-14.5cm
コマドリの日本(伊豆諸島、種子島、屋久島)固有亜種
オスの成鳥でも上胸と下胸の境目に黒い横縞が入らず、下胸から腹部にかけての羽衣は灰色。成鳥でも下嘴の基部から口角にかけて黄色みを帯びる個体が多い。(Wikipedia)
♂ なかなか出会えなかったが、最後に水場に出てきてくれた。
タネコマドリ.JPG
♀ 水浴び後。水浴び中は私の場所から見えなかった。
タネコマドリ♀.JPG

撮影日:2019年6月2日 撮影場所:三宅島
EOS 7d mark2+EF100-400mmf4.0-5.6 IS L2 USM
nice!(4)  コメント(0) 

オーストンヤマガラ (野鳥) [ヤマガラ]

(Parus varius owstoni Ijima, 1893)スズメ目シジュウカラ科 全長13-15cm
伊豆諸島(留鳥:三宅島と御蔵島と八丈島)に棲息。絶滅危惧IB類 (EN)(環境省レッドリスト)
ヤマガラ
の亜種。ヤマガラと比較して顔の部分が赤い。
027A3977 (2)-2.JPG
027A1590 (2).JPG
オーストンヤマガラ.JPG
幼鳥。 幼鳥の時から赤いようだ。
027A4227 (2).JPG

撮影日:2019年6月1日 撮影場所:三宅島
EOS 7d markⅡ+EF 100-400mmf4.0-5.6 IS L2 USM
nice!(5)  コメント(5) 

アカコッコ (野鳥) [アカコッコ]

(島赤腹、赤鶫、Turdus celaenops)スズメ目ツグミ科ツグミ属 全長23cm
日本(伊豆諸島、トカラ列島)固有種。冬季に大島や伊豆半島へ北上する個体もいる。
日本では1975年に国の天然記念物に指定されている。絶滅危惧IB類(EN)
アカコッコ.JPG
草の中で虫を探して食べていた。
027A1573 (2).JPG
027A1660 (2).JPG
水場で、ほぼノートリ。
027A3493 (2)-2.JPG

撮影日:2019年6月1日 撮影場所:三宅島
EOS 7D markⅡ+EF100-400mmf4.0-5.6 IS L2 USM
タグ:アカコッコ
nice!(5)  コメント(4) 

ハシジロアビ (野鳥) [ハシジロアビ]

(嘴白阿比、学名:Gavia adamsii)アビ目アビ科 89cm アビ目の中で最大種
日本では、冬鳥として渡来するが数は少ない。北海道から岩手県の三陸海岸付近にかけての地域では、比較的よく観察される。
2M1A9706.JPG
羽ばたきを何度もしていた。けがをしているとのことだったがわからなかった。
2M1A9538 (2).JPG
2M1A9672.JPG
2M1A9441 .JPG

撮影日:2019年3月29日 撮影場所:茨城県
EOS 7d markⅡ+EF100-400mm IS L2 USM
nice!(1)  コメント(0) 

エリマキシギ(夏羽換羽中) (野鳥) [エリマキシギ]

(襟巻鷸、学名:Philomachus pugnax)チドリ目シギ科 ♂29cm、♀22cm
♂は繁殖期になると名前のとおり首に襟巻きのような長い羽毛が生え、体色も褐色、黒、白などいろいろなもように変わる。英名も襞襟(ひだえり、英: Ruff)に由来する。

かなり夏羽になっている♂に出会えた。黒っぽいのと赤いのがいた。白いのもいたらしいが見れなかった。
エリマキシギ.JPG
027A4386 (2).JPG
027A4373 (3).JPG

☆冬羽
https://nyandemo.blog.so-net.ne.jp/2018-10-09

撮影日:2019年5月6日 撮影場所:佐賀県 東与賀市
EOS 7d markⅡ+EF400mm f4.0DO L2 USM+EXTENDER×1.4
nice!(6)  コメント(2) 

クロツラヘラサギ (野鳥) [クロツラヘラサギ]

(黒面箆鷺、学名:Platalea minor)ペリカン目トキ科 全長75cm 翼開長110cm
繁殖期になると冠羽が伸長し、冠羽や眼先、胸部が黄色みを帯びる。
成鳥(繁殖期)が左端に遠慮がちにいる。右で威張っているのは若鳥か。
クロツラヘラサギ.JPG
成鳥が右。
クロツラヘラサギ2.JPG

撮影日:2019年5月6日 撮影場所:佐賀県 大受搦
EOS 7d markⅡ+EF 400mm F4.0 DO L2 USM +EXTENDER×1.4

ちょっと飛んでくれた。ここでは1羽だけ。
クロツラヘラサギ.JPG

撮影日:2018年10月18日 撮影場所:石垣島
EOS 7d markⅡ+EF 400mm F4.0 DO L2 USM +EXTENDER×1.4


nice!(6)  コメント(5) 

ズグロミゾゴイ (野鳥) [ズグロミゾゴイ]

(頭黒溝五位、Gorsachius melanolophus)ペリカン目サギ科ミゾゴイ属 全長47-51cm
公園の常連さんらしい。
インド、東南アジア、中国南部、台湾等、日本では石垣島、西表島、黒島に留鳥として生息する。
2M1A4877 (2).JPG
首を伸ばしてくねくねしてなにかをねだっているような。
2M1A4910.JPG
顔のアップ。
2M1A4906.JPG
フレンドリーだったが、飛んだり羽ばたいたりはしてくれなかった。

撮影日:2019年1月20日 撮影場所:台北市 陽明山
EOS 7D MarkⅡ+EF100-400mm f4.0-5.6 IS L2 USM

石垣島で見た幼鳥。
ズグロミソゴイ(幼鳥).JPG

撮影日:2017年3月25日 撮影場所:沖縄県 石垣島
EOS 7D MarkⅡ+EF400mm f4.0 DO L2 USM


nice!(7)  コメント(2) 
前の10件 | -